HOME>トップメッセージ
【お客さまとともに歩む】
 昭和29年(1954年)に創業。  会社の規模は小さくとも、キラリと大きな光を放つ製品、それに関わる
 技術・サービスを提供したいという創業者の夢が、【大光炉材株式会社】という社名になりました。
 以来独立系不定形耐火物専業メーカーとして全国各地に営業所を開設し、大手高炉メーカー
 を主体に電炉、セメント、化学メーカーに製品を納入し、基幹産業の発展とともに、歩んでまいりました。
 昭和37年(1962年)には日本初の国産出銑樋材「モノロック」を開発、昭和54年(1979年)には耐爆裂性に優れた
 緻密質キャスタブルの開発に成功し、世界的に注目を浴び緻密質キャスタブルの普及に大きく貢献しました。

 昭和55年(1980年)からは、不定形耐火物で培った技術でファインセラミックスにも進出。
 半導体製造装置を主体とする小型精密部品に注力し、酸化物、非酸化物のセラミックスを
 粉末成形から始める数少ない一貫生産メーカーとして市場で独自色を発揮しております。

 また、早くからの海外にも目を向け、北米・欧州・台湾・韓国・中国・インド・ロシアにも
 耐火物の技術輸出や耐火物の原料調達とグローバルに拡大展開しております。
 平成10年(1998年)頃から九州大学、九州工業大学、東北大学、産総研等の大学・公共機関とも連携し
 次世代の技術開発にも果敢に挑戦しております。

 間もなく創業60周年を迎えますが、今なお、次世代にキラリと大きな光を放つ製品の開発
 に挑戦し続ける当社にご期待ください。
代表取締役会長  小林 滉

【社是】
 私たちは、国家社会を支える重要な仕事をもつことを誇りとし、きびしい自己反省とたゆまぬ創造開発によって会社の発展と人間幸福の実現に努力します。

【経営理念】
 大光炉材は、ものつくりをする企業である事に誇りをもち、協調・調和・和合の精神を
 あらゆる行動の中心に据え、正しく行動します。正しい行動とは、真摯な姿勢で全ての
 事実に正対することであり、全ての事実は自らの行動の結果であることを先ず認識し、
 常に成長する前向きな企業活動を社員一丸となり努力します。

【平成29年度 全社スローガン】
    最善を尽くす

小林会長 小林社長
小林会長 小林社長